就活

ITコンサルから戦略コンサルへのキャリアパス

こちらの質問はたまにキャリアイベントなどに参加させていただくと、

IT系のコンサルファームで働かれている方からいただくことが多いので記事にしてみたいと思います。

 

結論から言ってしまうと、採用される可能性は0ではありません。

かと言って、その他の事業会社出身と比べて特に採用で優位に立てるという訳でもないです。

 

もちろんIT系ファーム出身者を採用することのメリットもありますが、一方でデメリットもあります。

以下で詳しく説明していきます。

スポンサードリンク

IT系ファーム出身者の強み

・プロジェクト単位で働くことに慣れている

これはコンサルファームに限ったワークスタイルという訳ではありませんが、それでもプロジェクト単位で仕事をするという感覚は既にお持ちの為、プロジェクトの中での動き方やバリューの発揮の仕方については心得ている方が多いです。

 

・プレゼン、ドキュメント作成の基礎スキルが高い

IT系のプロジェクトにおいても、クライアントに対してインタビューをし、資料を作成し、自分で説明する、という一連の流れを経験してきているので、粗削りではあるもののプロジェクトに参画していただいた後も、基本動作で心配になることは少ないなという印象です。

IT系ファーム出身者の弱点

・事業観点からのインサイトを持っていない

これは当然といえば当然なのですが、事業会社経験者の方が圧倒的に有利になります。

実際に自分の会社ではどのように事業戦略が検討されていたのか、どこに自社の強みがあったのか、逆に改革ポイントはどこにあったのか、業界の先端トレンドは何であったか。全て知っている人はなかなか居ませんが、それでもIT系ファーム出身者と比べると、手触り感のあるインサイトを持っていることが多いので、戦略系のプロジェクトにおいてもバリューを生み出す素を持っていたりします。

 

・型にハマった考え方に陥りやすい

最近のSI産業は非常に工業化が進んできてしまっているので、

ややもすると毎回会社が保持しているプロジェクト管理手法や、

ERPパッケージの特性に合わせて仕事をするのが当たり前というマインドになります。

そうなってしまうと、ゼロベースでクライアントの価値を検討したり、

既存の枠組みから敢えて離れて仕組み作りを検討するといったシーンに出くわした際に

どうしたら良いのか分からなくなってしまうように見受けられます。

(そして、そのような方はだいたいの場合ケース面接で落選されてしまいます。)

■まとめ

IT系ファーム出身者は、これまでの経験や基礎スキルを転職後に活かせる可能性が高いので、

事業観点のインサイトを補う、もしくは日々のコンサルワークで工業化されてしまった仕組みに浸かり過ぎないようにする、といった工夫をしていくことが重要だと考えられます。

今回の記事がIT系ファームから転職を検討されている方に少しでも参考になっていれば、と思います。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 未経験業界のプロジェクトにおけるサバイバル方法
  2. ITコンサルから戦略コンサルへのキャリアパス
  3. 外資系コンサルは結婚相手、恋愛対象としてどうなのか?合コンで出会うには?

関連記事

  1. 就活

    外資系コンサルティング業界の面接概要

    外資系コンサルティング業界の面接を受ける場合、面接の構成要素は以下のよ…

  2. 就活

    社員紹介制度の活用

    コンサルファームには社員紹介制度を用意している会社も多いです。…

  3. 就活

    【実践編】ビジネスケース

    今回は前のエントリで紹介して、ビジネスケースを実際に解いてみたいと思う…

  4. 就活

    学生時代にやっておくと良いと思うこと

    外資系コンサルティング会社に入るために、やっておいた方が良いことではな…

  5. 就活

    第二新卒の方がコンサル業界に入りやすい!?

    ■第二新卒におけるコンサル業界の難易度新卒の就活市場においては…

  6. 就活

    コンサルの入社面接で見ているポイント

    コンサルティング業界における面接は、その他の業界とは面接形式が異なる(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 就活

    【実践編】フェルミ推定
  2. 就活

    学生時代にやっておくと良いと思うこと
  3. 会社紹介

    会社概要・社風【ベイン・アンド・カンパニー(Bain and Company)】…
  4. 会社紹介

    会社概要・社風【マッキンゼー】
  5. ライフスタイル

    コンサルが激務だと言われる理由。うつの心配や恋愛とのバランスの取り方
PAGE TOP