ライフスタイル

コンサルが激務だと言われる理由。うつの心配や恋愛とのバランスの取り方

外資系コンサルティング道場へようこそ。

今回は多くの方からとてもよく質問をいただく、

「コンサルって激務ですか?うつとかならないですか?恋愛とかしてる暇あるんすかね?」

という内容について正直ベースで語っていきたいと思う。

スポンサードリンク

激務の理由は何なのか。実際のところはどれくらい忙しいか?

これはどのコンサルファームのどんな世代の人が語るのかによって大きく答えが違ってくる。

みんな主観的に自分の経験を語ろうとするからだ。

しかも大抵の場合、「俺の若い頃はな・・・」的な話で、特に大変な話を語ろうとする。

きっとこれからコンサル業界を目指そうとしている人や、コンサルで働く男を彼氏にしようかどうか迷っている女子の参考になる情報が少ないのが現状だろう。

 

一昔前までは、コンサルファームといえば、激務で提案前や報告前は徹夜とか当然。

家に帰るのも面倒くさくなってきたから、1週間職場の近くのホテルを予約してみた、とか全然普通な環境でしたwシャツは2日に1回着替えれば良い方とかw

それなので30代後半以上のコンサル経験者にコンサルは忙しいですか?と質問をしたら、たいてい良い回答は返ってこないことを覚悟しておいた方が良いw

 

しかし、最近は状況が大きく変わってきています。

そのきっかけとなったのは、やはり電通の新卒社員が亡くなってしまった事件だ。

あの痛ましい事件以来、激務が当然と言われるコンサル業界でも、一部の会社では働き方が見直されつつある。

 

ここで一部と書いたのは、まだ全てのファームでそういった動きになっている訳ではない。

アクセンチュアやデロイト、PwCといった会計系やIT系に端を発する総合コンサルティングファームにおいては、劇的に働き方改革が進められていると聞く。

あるファームでは、スタッフレベルにおいては、月の残業時間で30時間以上を申請しようと思ったら、役員レベルの承認が必要になる、という程だそうだ。

それじゃ単純にサービス残業が増えるだけで、仕事量は減らないんじゃないか・・と思ったが、本当に18時にスタッフレベルを帰らせているらしく、本気で取り組んでいることが分かった。(一方でマネージャー以上にしわ寄せが出ているプロジェクトもあるようだ。)

 

一方で戦略コンサルティングファームはというと、特にこれまでの働き方が変わった感じはない。

これはプロジェクトの体制や進め方に起因している部分も大きいかもしれない。

戦略コンサルティング案件は、少数精鋭で進めなければならず、一人一人の業務量をこれまでと比べて大きく変えようとすれば、プロジェクトの品質が大きく損なわれてしまうし、工数が足りずにプロジェクトがが立ち行かなくなる。。

またアップオアアウトの文化が強いこともあり、ちょっと残業することになって無理なくらいならば別に辞めていいよ。というノリは変わらないw

結論としては、戦略ファームなのか総合ファームなのかで、忙しさは大きく変わってくる

というのが答えだ。

鬱(うつ)になってしまう可能性も・・

私はこの業界で働いて長いが、身体を壊したり、心を壊したりする人を大勢見てきた。

最初5人でスタートしたプロジェクトメンバーのうち、3人が入院するとか、

プロジェクトマネージャーがある日突然失踪して来なくなるとか・・w

原因は人によって様々だが、他業界に比べて身体的にも精神的にもストレスがかかる仕事だということは間違いない

 

特に徹夜で眠ることが許されない状況の辛さは、きっと経験しないと理解できないと思う。

超体育会系のラガーマンで俺3日ぐらい寝ないの余裕っす!!とか言ってた奴でも平気でトイレで吐き始める、、、それくらい辛いw

その極限状態においてもパフォーマンスを発揮し続けないといけないし、正気を保って業務を続けることができるかどうか、難しいと感じた人は戦略コンサルティングファームには来ないことが聡明だ。

恋愛とのバランスはどうやって取っているのか

編集中。

 

 

ピックアップ記事

  1. 外資系コンサルは結婚相手、恋愛対象としてどうなのか?合コンで出会うには?
  2. 未経験業界のプロジェクトにおけるサバイバル方法
  3. ITコンサルから戦略コンサルへのキャリアパス

関連記事

  1. ライフスタイル

    外資系コンサルは結婚相手、恋愛対象としてどうなのか?合コンで出会うには?

    外資系コンサルティング道場へようこそ。今回は、恋に悩める女子向…

  2. ライフスタイル

    外資系コンサルの年収(給料)はいくらなのか?職位ごとの年収と給与の仕組みを解説。

    外資系コンサルティング道場へようこそ。今回は、外コン志望者が聞…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コンサルの心得

    グローバルプロジェクトで価値を発揮するには
  2. コンサルの心得

    未経験業界のプロジェクトにおけるサバイバル方法
  3. 会社紹介

    会社概要・社風【BCG(ボストン コンサルティンググループ】
  4. コンサルスキル

    外資系コンサルタントが思考を研ぎ澄ます為に使用している三種の神器
  5. 就活

    【実践編】フェルミ推定
PAGE TOP