ライフスタイル

外資系コンサルの年収(給料)はいくらなのか?職位ごとの年収と給与の仕組みを解説。

外資系コンサルティング道場へようこそ。

今回は、外コン志望者が聞いてみたいけれど、なかなか直接聞くのは気が引ける、

「コンサルはどれくらい稼いでいるのか?」という問いに答えてみたいと思う。

かなりリアルな話も盛り込んで書いてみたので、コンサル業界を志望されている方はぜひ参考にしてもらえればと思う。

スポンサードリンク

職位ごとの年収(給料)イメージ

ファームによって職位の名前が違ったり、途中の職位が存在しないこともあるが、

かなり実態に近い数字を挙げたつもりなので、ぜひ参考にしてもらえたらと思う。

 

アナリスト:500万円程度

シニアアナリスト:550万円~650万円

コンサルタント:600万円~750万円

シニアコンサルタント:700万円~1,000万円

マネージャー:1,100万円~1,500万円

シニアマネージャー:1,300万円~1,800万円

ダイレクター:1,800万円~2,500万円

プリンシパル:2,000万円~出来高次第

 

上位のランクを上回る現象が起こっているのは、

どの程度残業をするのかによって、年収が上振れすることがあるためだ。

ただし、先日のエントリーでも書いたように、(コンサルは本当に激務なのか?

ここ最近は青天井に残業ができなくなりつつあるので、残業代で上のランクを追い越すことはなかなか難しくなりつつあることは付け加えておきたい。

それなので、ファームによっては多く稼ごうと思ったら次のランクに昇格する以外の道がなくなりつつある。

給与の仕組み

外資系のファームではあれば、基本的には年俸制だ。

そして年俸額を12で割った額が、毎月支給される。

そして、その年の自分のパフォーマンス次第でボーナスが上積みされる。

評価によってはボーナスが一切支給されない人も普通に居る。

スポンサードリンク

同じランク、同じポジションでも年収は違う!

新卒入社

新卒入社の場合には、基本的には一律で同じ給与テーブルで給与が大きく異なることはない。

変わるとすれば、学部卒か院卒なのかで、月の額面が数万円変わる程度だ。

中途入社

転職して入社する場合には、同じランク、同じポジションであっても、給与額が大きく異なる。

これには色々と理由がある。

例えば、前職での給与額が高い場合、大きく給与額を下がってしまわないように、オファー金額を上積みすることがある。

他には、前職における経験が豊富だが、入社職位をマネージャーとシニアコンサルタントで検討した結果に、マネージャーで採用するにはあと1歩届かないといった判断が下された場合。

こういった場合も期待込みで給与を少し高めに積むことがある。

また、人材市場が売り手優勢なのか買い手優勢なのかも影響する。

つまり、入社時の市場環境だけでなく、年俸交渉や応募時の見せ方次第では、年収額が変わってくるということだ。

これを知らないで入社すると、同じランク、ポジションなのに、アイツよりも100万円も給与が安い、、ということが普通に起こり得る。

(私の場合は中途入社時に同ランクの他の人よりも200万円も高く入社した。)

まとめ

外資系コンサルティングファームに入社した以上、高い報酬を得るのは重要だ。

報酬が日々のモチベーションに繋がっている側面も否定はできない。

それだけにどのようにすれば自分の年収をコントロールすることができるのか、

どの職位にいけばどれくらい報酬を得ることができるのか、少しでも参考になれば幸いだ。

ピックアップ記事

  1. 外資系コンサルは結婚相手、恋愛対象としてどうなのか?合コンで出会うには?
  2. ITコンサルから戦略コンサルへのキャリアパス
  3. 未経験業界のプロジェクトにおけるサバイバル方法

関連記事

  1. ライフスタイル

    コンサルが激務だと言われる理由。うつの心配や恋愛とのバランスの取り方

    外資系コンサルティング道場へようこそ。今回は多くの方からとても…

  2. ライフスタイル

    外資系コンサルは結婚相手、恋愛対象としてどうなのか?合コンで出会うには?

    外資系コンサルティング道場へようこそ。今回は、恋に悩める女子向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 就活

    第二新卒の方がコンサル業界に入りやすい!?
  2. 就活

    学生時代にやっておくと良いと思うこと
  3. 就活

    【実践編】ビジネスケース
  4. コンサルの心得

    グローバルプロジェクトで価値を発揮するには
  5. 会社紹介

    会社概要・社風【ベイン・アンド・カンパニー(Bain and Company)】…
PAGE TOP